施設内職員研修『リモート会議の開催方法』

清琉会では、各委員会が主催となって施設内職員研修を開催しています。

 

研修内容は各委員会にて検討。

職員が講師または事例発表者となる機会をつくり、内容の整理確認など理解を深めることも目的としています。

 

01

今回は「ICT推進委員会」で、『リモート会議の開催方法』の施設内研修を開催いたしました。

 

施設内研修としては初めてのWeb研修となり、研修会場は各施設・各セクションからオンラインでの参加となりました。

 

Web会議ツール『Zoom』の基本的な操作方法や会議の開催の仕方を、実際に操作しながら楽しく学ぶことができました。

 

コロナ禍において感染防止対策の一つとして、リモート会議の活用が社会的に注目されています。

リモート会議を導入すれば、感染防止だけでなく、会議に参加するメンバーがどこの拠点にいてもアクセスが可能で、またスケジュール調整も格段に容易となり、スムーズに会議を開催することができます。

あくまでも「利用者本位のサービス提供」を念頭に置いた上での業務の改善・効率化を目的とした、また「高齢者の生活の質の向上」につながるICT推進に努めていきたいと思います。

 

 

※ ICT(Information and Communication Technology)とは、「情報通信技術」の略です。

ITはハード・ソフト・アプリケーション・OA機器等の全体を意味するもので、ICTは「IT技術を使ってどのように人々の暮らしを豊かにしていくか」という活用方法のことです。