厚木市認知症輪っかオレンジプロジェクト

1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で、

毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定し、この日を中心に認知症の啓蒙を実施しています。

また、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、様々な取り組みを行っています。

 

厚木市では、認知症の人やその家族への理解を深めるために、人と人をつなぐ、支援の輪を広げるため普及啓発を実施しています。

 

190921 (1)

『厚木市認知症輪っかオレンジプロジェクト』

 

190921 (2)190921 (3)190921 (4)

認知症に対する想いや願いを短冊に記入し、短冊で輪っかを作り、その輪っかをつなげる。

 

190921 (5)

玉川・森の里地域包括支援センターでは、

玉川グリーンホーム、高松山グリーンホーム、愛甲グリーンホーム、ふれあいデイサービス・介護家族健康相談にて、

皆様のご協力もあり、沢山のオレンジ輪っかが、ひとつにつなぐことができました。

心から感謝いたします。

 

190921 (6)190921 (7)

つないだ輪っかは9月30日まで玉川・森の里地域包括支援センターにて展示し、

10月1日から15日まで厚木市市役所1階市民ホールに展示させていただきます。